富士スピードウェイ・ショートコース走行会 レポート
2004.9.30 (一日目)自宅〜宿泊地まで

午前10時頃に自宅を出発。

昨日の台風21号も過ぎ去り
快晴となりました。(^^)/

最初に立ち寄ったSAにて
一回目の休憩。

上郷サービスエリア

サービスエリアの片隅に
小さめの広場を発見。

ここに来て、
少し雲が多くなってきたようです。


その後、遠州豊田にて2回目の休憩。
名神高速道路から東名高速道路に入り、名古屋付近で10km程の渋滞にはまった為
予定よりも30分以上時間が掛かってしまいました。

遠州豊田PAには高台に
大きめの広場がありました。
結構芝生のエリアが広く取られていて
寝転がって昼寝でもしたい気分でしたが
時間が押しているので
10分程休憩した後に
遠州豊田PAを後にしました。


富士川SAまで来ました。
快晴の為、富士山もよく見えてました。勿論、富士山をバックにマイ8と記念撮影。

日本一の山「富士山」。
写真では分からないでしょうが、
台風が過ぎたとは言え風邪が滅茶苦茶
強いです。(汗)
台風で降った雨が土砂と共に
川に流れ込んだのでしょうか?
茶色く、しかも激流化しておりました。


目的地もあと僅かなので、
富士川SAにてお昼ご飯を食べました。
写真は「穴子丼セット」です。


富士川SAには、貫通石という安産の石がありました。
〜貫通石〜
□□□ 安産の石の由来 □□□
その昔、神功皇后三韓征伐の砌(みきり)、
彼の地に於て敵を攻めあぐみ、ふと
間道に洞あり、三日三夜不眠の甲斐
ありて洞を突貫(つらぬ)き、敵の背より攻め
大勝を得たという。その記念にと貫通点
の石を持ち帰りて角鹿の地に上陸、
御自ら産気づき記念の石を枕辺に
はべりたるところ、すこぶる安らかにして
男子出産給う。
これより随道貫通点の石を安産の石と称し
珍重されております。


午後3時過ぎに無事、
一日目の宿泊場所の
「ホテル・グリーンプラザ富士」に
到着しました。

ホテルと言うよりは、
ペンションと言った方が良いかも。

部屋は和室(3人部屋)をチョイス。
洋室もあったんだけど、予約した時には
和室しか空いてませんでした。

ココのホテルには大浴場が無い為、
30分程離れた温泉へのパンフと
地図とを戴きました。

一応部屋には、TV・ドライヤーなど
最低限必要な物がありました。
また、
外出してまで温泉に行きたくなかったので
部屋にある小さな風呂を利用しました。

ちなみに、「グリーンプラザ富士」の駐車場は
通路脇の舗道上がパーキングエリアになっており、
写真の様に駐車する事になってます。(ちょっとビックリ)
目立つ様にホテルの玄関前に駐車しました。(笑)

夕食までの間、ホテルの廻り(と言っても、何も無いんだけどね)を散策。
テニスコートが沢山あり、次に来る時にはテニス仲間を誘って行きたいと思いました。
噴水がありましたが、水は出ておりませんでした。(残念)


ホテルの中の様子です。(なかなか良い感じでした。)


夕食

1st hor-d's
ラタトゥーユのテリーヌと
ガランティーヌのモンブラン仕立て

2nd hor-d's
シーフードリゾットの
お稲荷さん

potage
南瓜とオニオンのポタージュ

poisson
鱸(すずき)と茸の湯葉包み焼き
海藻のソース

Viands
牛フィレ肉のトルティーノ

五穀釜飯・みそ汁・香の物

Dessert
あずきの自家製パンナコッタ

イルミネーション

夕食も終えて、ホテルも綺麗に照らされていました。
思わずマイ8を移動し、ネオンを点けて記念撮影してしまいました。(笑)
夜空には月が光り、そよそよと風が吹いておりました。
さて、明日は走行会。朝も早いので寝る事にしました。